セキュリティ・防犯対策のTOKAIセキュリティサービス|ブロードバンド通信回線について

HOME > ブロードバンド通信回線について

ここから本文です。

TOKAI SECURUTY SERVICE

ブロードバンド通信回線について

ブロードバンド回線利用で、もっと便利に、もっとお得に!

アナログ回線に比べ、より便利に、よりお得にセキュリティサービスをご利用いただける「インターネット回線でのセキュリティサービス導入」がございます。

サービス紹介

お客様サイドから見た場合、月額セキュリティ利用料は、固定費として下記のような、ご負担になる事をご理解して頂く必要がございます。

発信する信号の種類

ご採用して頂きましたタイプやプランにより回数や種類も異なりますが、基本的に送信される信号は以下の通りです。

  1. 緊急通報 (防犯・防災)
  2. 定時通報 (システムが正常に働いていますというヘルス信号)
  3. 防犯定時通報 (回線を切断された場合等に備えた、それを検知する為の信号)
  4. センサ状態信号 (ワイヤレス機器等の電池劣化信号等)
    現在、ご利用されているインターネット回線を利用してパケット通信が可能な主装置を採用して頂きますと通信費用は基本的に無料となります。但し、インターネット回線はご自宅のネットワーク周辺機器等、停電時に不通になる環境要素が多く、更にISPキャリア側の一方的なメンテナンス実施も想定される事から常時通信を保障されている回線ではございませんので、万一インターネット回線経由で通信が出来なかった場合に備え、仕組みとしてバックアップ回線(一般加入回線)が必要となります。

ブロードバンド対応と電話回線対応

お客様宅から発信される警備情報(セキュリティ信号)を運ぶ回線の種別です。

サービス別コントロールボックス対応表
個人向けセキュリティサービス 法人向けセキュリティサービス
あんしんホットライン ライトプラン スタンダードプラン プラミアム11 一般事務所向け
アナログ回線

(PT-7040)

(PT-7040)

(TK-04IP)

(TK-10IPBW)

(AMT-1110)

ブロードバンド回線

(TK-04IP)

(TS-MT0802)

ブロードバンド対応なら電話料金が不要!

PHSバックアップサービス 月額1,500円/月(税抜)

インターネット回線の断線に備えるシステムです。
万一インターネット回線断線が発生すると、自動的にPHS回線(WILLCOM)に切り替わり、復旧するまで警備情報のバックアップ回線として機能します。

▲ページの先頭へ